たまんちゅの大道芸で生きていく日々

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECOMMEND
<< ボランティアに思うこと | main | 2月スケジュール。 >>
2年ぶりに。
category: ボードゲーム | author: たまんちゅ
2年ぶりに家族が揃った。

のでボードゲームで遊んだりしゃぶしゃぶ食べたりケーキ食べたりして過ごした。











気づいたら5時間以上遊んでた。


楽しかった。

人生で一番家族と遊んだ。













以下ボドゲ備忘録。

一番気を付けたのはルール説明の仕方。
どのゲームも「難しそう」という意識が最初あったので
少ない言葉で分かりやすく、何をしたらいいかどうしたら勝つのか・終わるのかを明確にすることを意識した。

結果的にどれも「もう一回やろう」と両親から言ってくれたので良かった。
弟は呑み込みが早かった。沖縄にいる間にもう少し難しいので遊びたい。

ゲームのチョイスも特に問題なかったと思う。
各ゲームの感想とやった回数。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ドメモ(6・7回)
自分の手札を見ず他の公開情報のみを頼りに推理するゲーム。
前回ちょっと遊んだ時も楽しんでくれたので今回も予想通り盛り上がった。
ルールも簡単だしプレイ時間も短くて何度もやりたくなるようだった。

★ベガス(4・5回)
サイコロを複数ふり出た目に応じて好きな金額の賭場にサイコロを賭けていくゲーム。
サイコロの運と戦略のバランスが良くて毎回ドラマが生まれた。
他人と競り合う要素とサイコロをたくさんふる感覚が楽しい。
弟の「父を超える!」という発言に爆笑だった。
そして父は偉大だった。

★ピット(3回)
配られた手札を他人と交換しながら1種類の絵に揃えるゲーム。
手番というくくりがなくすべての交渉が同時に起こるためとても騒がしく楽しめる。
そろった人はテーブル真ん中のベルをチーン!と鳴らすのがとても快感。
たまんちゅ。が毎回やりたいほど好きなゲームだけど勝てないとあまり印象に残らないことがわかった。
ある程度の(頭の)反射神経が必要なので人を選ぶ。

★ゲシェンク(5回)
場に出た数字のカード(マイナス点)をなるべく取らないようにチップを使ってパスしていくゲーム。
チップが豪華なので単純にジャラジャラ集めたくなる。
誰がどのカードを引き受けてくれるか言いながらやるのがとても面白かった。
そして父はがめつかった。

★ハゲタカのえじき(5・6回)
1〜15のカードを使って点数を競るゲーム。
一番大きい数字を出した人がその時の点数を取れるのだけど、
数字が被ってしまうと次点の人が獲得してしまうため変な緊張感が生まれる。
父と弟がなんども数字が被っていたので弟は父似ということになった。
とてもシンプルなゲームなのに毎回違った展開になるのが面白かった。

★ディクシット(3回)
何とも形容しがたい絵にタイトルをつけて他の人にその絵を当ててもらうゲーム。
タイトルは単語・文章・効果音等なんでもいいのでその人の性格が出て面白い。
たまんちゅ。のゴーヤーというタイトルに妻以外全員が正解したとき家族ってすごいなと思った。
タイトル以前に絵がとてもユニークで絵が出るたびに皆で笑い合ってたのがすごい印象的だった。
絵を見てるだけでも楽しくなるのでもっと欲しくなってしまった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これだけで5時間以上遊んでいた。
どれも押し付けにならないよう気を付けていたが両親からもっとやろう、別のやろうと食いついて来たので嬉しかった。
そして両親の同年代の人たちにもさせてあげたいと言ってたので実現させたい。
シルバーボドゲ会をやりたいなと思ってたのでちょうどいいかも。

「あんたがハマるのわかったわ」

って言葉が一番嬉しかった。
家族と遊ぶという選択肢が増えるのは素晴らしいことだ。

もう次回が楽しみだ。
comments(0) | - | - | - | PAGE TOP↑






CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS