たまんちゅの大道芸で生きていく日々

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECOMMEND
<< アンドールの伝説ソロプレイ | main | お誕生日会 >>
キャット&チョコレート
category: ボードゲーム | author: たまんちゅ
ボドゲ日記です。
たまにとか言いながら昨日の今日で更新するとは流石たまんちゅ。です。
もう沖縄でボードゲームカフェを開きたいくらいハマっているのでご容赦を。ちゃんとやることはやりつつ遊んでるので!

今日はこれ





「キャット&チョコレート幽霊屋敷編」という日本で作られたカードゲームです。

2010年の「日本ボードゲーム大賞」を受賞していると箱に書いてます。
日本にそんな賞があったんですね。


簡単なルール説明をすると、このゲームはお化け屋敷をテーマにしています。
カードにはイベントカードとアイテムカードというのがあります。





イベントカードには



ゾンビが襲ってくるとか、両サイドの壁が迫ってくるとか、幽霊に襲われるなど数々のピンチな状況が書かれています。


アイテムカードには



ネコやチョコレート、マッチや口紅など様々なものがあります。

つまり、

迫り来る危機を、手元のアイテムでやり過ごせ!

というゲームです。

やることは、まず手札に3枚アイテムカードを取ります。



そのあとイベントカードを1枚めくります。
この時、次のイベントカードの背面に数字が書かれているのでその枚数のアイテムを使わなければなりません。





この使うアイテムの数が絶妙で、使いにくいアイテムを使わなくてはいけなくなったり、組み合わせたら使えるアイテムが使えなかったりと思うようにはいきません。ですがそこは想像力でなんとか切り抜けるしかありません。


上の写真の場合、アイテムは
・鍋の蓋
・拳銃
・鳥かご

でイベントが
・ダイニング
「ナイフやフォーク、食器などが浮かびあがり、飛んでくる」

です。
そして使うアイテムは2つなので例えば

「[拳銃]を使いナイフやフォークを撃ち落とす!弾が切れたが残りは[鍋の蓋]で防いだ!」

でも


「俺に任せろ、そう言うと[鳥かご]の中の鳥が[鍋の蓋]を構えて僕を守ってくれた!」


でも良いのです、しかしそれで実際に危機を脱せたかどうかは他のプレイヤーが決めます。アイテムの使い方を聞いて良いと思えば親指を上に、ダメだなと思えば下に「せーの!」で出します。



良いと思った人が半数以上入れば成功でそのイベントカードをポイントとして受け取ります。使ったカードは捨て札にしてアイテムカードの山から補充します。


これを全員で繰り返します。


これだけのゲームですが、メンバーによってはものすごく盛り上がります!

「いや!それは無理あるでしょ!」
「いえ出来ます!」

あり得ないこじつけに爆笑必至です(≧ん≦)

途中から笑わせたらOKみたいな空気も楽しいです。時に感心したり、発想に驚いたり、自分では考えつかないことが次々と起こります。

一応このゲームはチーム戦とルールには書かれているんですが、僕は殆どやったことありません。単純な勝ち負けがどうでもよくなるくらいプレイ中が楽しいからです。ただチームの決め方には感心しました、2種類のカードをランダムに配ってチームを決めるのですが、それはゲーム終了まで確認できません。終わって始めて誰がチームかわかるのです。このルールにより味方に甘い判定が出来なくなっています。良くできてるなぁ。

ダークな世界観、絵柄にも関わらずここまでワイワイ出来るのは凄いです。

ある程度やるとカードを覚えちゃって新鮮味がない、そんな人には続編?がいくつかあります。僕が持っているのはこれ



学園編です。
ダークな世界から一気に青春物になります。イベントの内容も生死に関わるものが多かった幽霊屋敷編から




先生を「お母さん」と呼んでしまって気まずい!

とか

同性に告白された!

とかとてもバリエーション豊かになってます。その分かなり難易度は上がるように感じました。

でも楽しいです。なんだったら二つ混ぜても面白いと思います。

皆さんも興味があったら

先生を「お母さん」と呼んで気まずい空気を



柔道着と消火器と人体模型を使って切り抜けて
ください!


脳みその普段使わない部分が悲鳴を上げて素敵な疲労感に襲われますよo(`ん´ )o



ではまたいつか。





Twitter
@tamanchu_hiroto

HP
tamanchu.com

FB
Facebook./hiroto.tamanchu
comments(0) | - | - | - | PAGE TOP↑






CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS